スピリチュアル 明日へのアドバイス

人間関係の移り変わりと波長~波長を高める方法~

人間関係

人が生きていく中で、人間関係はどこへ行っても必ずあります。
気の許せる友人や家族、職場の上司や部下など、毎日関わる人から、たまにしか会わない人まで、多くの人と関わりあいを持ちます。

地球上には約80億人の人間がいます。
日本人に絞ったとしても約1億2千万人います。
その中で何人の人と出会い、仲良くなれるのでしょうか。
出会える人は一握りしかいませんので、その出会いは「かけがえのないもの」です。

ですが、中には意地悪な人や考え方の合わない人など様々な人がいます。
相性が悪かったり、嫌なことが起きたりすると、「人間関係が上手くいかない」と考え込み悩んでしまいます。

・仕事関係
・家族関係
・友達関係
・ご近所さん関係。
などなど…様々な人といろいろな事情で悩みます。

1人で生きてはいけない世界だからこそ、人との繋がりを大切にしたいがどうしていいか分からない!
そんな人間関係の悩みや対処法について、スピリチュアルな面から考えていきます。

人間関係の性格的要因

スピリチュアル的に考える前に、「お互いの性格の衝突による」一般的な人間関係と簡単な対処法について考えていきます。
本当に簡単な対処法なので、こちらは無理に実践されなくても大丈夫ですよ。
本題はここではなく次の「波長」のところからです。

嫌われることが怖い

嫌われることが怖くて嫌なことでも断れなかったり、無駄に気をつかったりしてしまうことはありませんか?

気をつかい気をつかわれる関係の場合、周りから見ると関係は良好といえますが、「こうした方がいいかな」「断ったら嫌われるかな」と気をつかっている側は疲れを感じてしまいます。

お互いに気をつかわない、一緒に居て落ち着く関係性を目指してみてください。
目上の人に対して、敬語を使うことは大切ですが、固い言葉ばかりだと相手との間には常に壁があり距離は縮まりません。
時おり冗談を織り交ぜて、話しやすい関係を築いてみてください。

義理の両親や、ご近所さんに対して、時折冗談を交えて話したり、大げさに褒めたりして、話していて楽しい雰囲気をつくってみましょう。
意外と受け入れてくれるかもしれませんよ。
(ただし、職場では怒られるのでやめましょう。笑)

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションは人間関係の土台となるものです。
生まれ持った性格やこれまでの人生経験により、コミュニケーションをとることが苦手な人もいます。

言いたいことが言えなかったり、思ったことをうまく伝えられなかったり、うまくいかないとやはり疲れを感じてしまいます。

こればかりは、練習あるのみです。
近所の方に挨拶することから始めてみてください。

返してくれない人もいると思いますが、大半の人は挨拶を返してくれるはずです。

完璧を求めてしまう

無意識に相手に完璧を求めてしまう性格である場合、どのような人間関係にも疲れてしまいます。
自分の思う通りにならないと相手と衝突します。
相手に完璧を求める人は、自分にも完璧を求めます。

この世界は完璧でないことばかりです。
この世界に完璧な人はいません。


ということで自分の中の「適当」を目指してください。
実は「適当」が一番難しいのです。

「適当」という言葉について「いい加減なこと」というイメージではないでしょうか。
実際の言葉の意味は「ある性質・状態・要求などに、ちょうどよく合うこと。ふさわしいこと。」です。

「ちょうどいいところ」「適切なところ」ってどこだろう。って思いますよね。
それが人により違い、わからないから難しいのです。
自分の「適当」を探してみてください。

昔の世間一般の常識にとらわれている

完璧を求めることと少し似ていますが、昔の世間一般の常識にとらわれていると、現代の若者や子供と価値観を共有することは難しいため衝突は避けられないでしょう。

男はこうでなければならない。
女はこうでなければならない。
若者はこうでなければならない。

「昭和の常識」というテレビ番組でも放映されたように、昔はそれが当たり前であったことも、時代が変わるとその常識は変わっていきます。
時代は変わり、昔は当たり前だった教育機関での体罰なども、今では決して許されないことです。


自分の常識が変化することを恐れず、今の時代に合った柔軟な考え方を持ちましょう。

人間関係のスピリチュアル的要因

スピリチュアルの意味する波長とは

人には波長というものがあります。
これは目には見えませんし、通常は自覚することができません。
この波長は、良い時もあれば悪い時もあります。


人間関係についてもこの波長が関係しており、「あの人と相性が良い」と同じような意味で「あの人と波長が合う」という言葉が使われています。


また、スピリチュアルの世界では、自分と同じような波長の人に引き寄せられるという法則があると考えられています。
自分を助けてくれる良い人が集まってきている時は、「波長が高い」と認識できます。
逆に、人間関係が壊れたり、不思議と不審者やダメ男が寄ってきたりする時は、「波長が低くなっている」と考えられます。
そして、波長がかみ合わない時に、人間関係の衝突が起き、仲が悪くなったり、疎遠になったりします。

引き寄せの法則

先ほども少し触れましたが、スピリチュアルの世界では「引き寄せの法則」とというものがあります。

これは、同じのレベルの波長を持った者同士が引き寄せられているという考え方です。
波長が違えば、引き寄せられることはなく、万が一出会うことがあったとしても、それ以上の接点を持つことはありません。
また、途中で波長がかみ合わなくなった場合は、自然と関係性が消滅していきます。


同じ波長を持った者同士が引き寄せられているということは、自分の心の状態がそのまま人間関係に反映されてきます。

自分がネガティブになってしまっている時は、意地悪な人、ネガティブな人などが寄ってきます。
自分は何でもできるとポジティブな状態の時は、成功者が自然と集まってきて、助けてくれたり、情報をくれたりするものです。


つまり、人間関係に悩む人は、自分の心の状態が悪く、波長も低くなっているのです。


心の状態をポジティブ思考にするよう心掛けて、波長を高くすることを意識してみましょう。
波長が高くなることで、プラスのエネルギーを持つ人に出会うようになり、きっとあなたを助けてくれるでしょう。

人間関係の移り変わりと波長

人は出会いと別れを繰り返して成長していきます。
クラスが変わる時、卒業する時、就職する時など人間関係がガラッと変化し、一番仲がいい友人もその時により変わっていきます。
高校生の時に毎日連絡していた友達も、お互いに大学生になって学校や住む場所が離れてしまうと、関係が壊れるまではいきませんが、疎遠になりたまにしか連絡を取らなくなる。という方が大半であると思います。


これは人間関係が変化する一例ですが、このように人間関係が移り変わる時には、自分の魂が成長や変化を求めている状態であり、全てに意味があります。

人間関係の「出会い」と「別れ」の意味

小学校から中学校、中学校から高校、そして大学、就職など、時期が来ると次のステップに進み、新たな人間関係を築いていくことになります。
「出会い」と「別れ」を繰り返して成長しています。


この「出会い」と「別れ」が意味するものは「運命」「選択」です。


クラスや部活、職場の部署という限定された人間関係の中で、誰と波長を合わせるか選択を求められているのです。

クラス40名全員と同じように仲良くできればいいですが、どうしても個人差が出てきます。
それは波長の違いによるもので、自然と波長が合う人と仲良くなっているのです。

そしてそこで出会えた友人は、「全世界約80億人の中で、出会うことのできた運命の人である」ということを忘れないでください。


ただ、この友人選択で気を付けて欲しいことがあります。
若い人に多いのですが「席が近いから」「人に嫌われたくない」「他に同世代の人がいない」などの理由で、友人を選択してしまいがちです。
それが波長の合う人であれば問題はないのですが、波長があわない人と無理をして友人関係を続けていると、一緒に居ても心が休まることはなく、お互いに敵対することが増えいずれは離れていくことになります。

その結果友人と上手くいかないということに悩み、それが原因で不登校になることも珍しくありません。
友人関係でうまくいかないとしても、その友人とは「波長が合わなかった」と割り切ることが大切です。
あなたと波長の合う友人はきっといるはずですので、悩みすぎないでください。






「出会い」と「別れ」において、もう一つ重要なことがあります。
「運命の人それぞれには、ご縁の期限がある」ということです。




違う学校になったり、他県に就職したりと、友人と離れ離れになって、それ以来疎遠になってしまうという経験は誰にでもあると思います。
また、大人になり再度連絡を取ることで、また仲良くなれたという経験もあると思います。

このように、ご縁の期限が来たら、その期限を延長するか、そこで終わりにするのかを「選択」することになります。
「ご縁には期限がある」ということを自覚し、自分がこれまで関わってきた人は「特別で」「かけがえのないものである」ということを意識していただき、自分の周りにいる運命の人(友人・恋人・家族など)を大切にしてください。

人間関係が悪くなる時の意味

人間関係が悪くなる時は、波長のずれ・不一致が生じています。

人それぞれバイオリズムが違うため、常に波長が合い続けるということはありません。
同じ波長で一緒に進んでいる時もあれば、波長がずれてしまい少し距離を置かなければいけない時もあります。

仲の良かった友人と、急に関係性が悪くなったからと言って、必要以上に不安になる必要はありません。
運命の友人であれば、きっと再びお互いに笑いあって過ごせる日々は来るはずです。


この一時的に関係性が悪くなる時期というのは「選択の期間」でもあります。
仲が悪くなったからとそこで関係を断つのか、仲直りしてこれからも友人として関係性を続けていくのか。

選択に迷う時は、その方との過去のストーリーを思い出してください。
出会い、仲良くなったきっかけ、盛り上がった話題など何でも構いません。

その思い出をかけがえのないものとしたいのであれば、友人関係を続けていけます。
辛かったことや、恨みごとしか思い出せないのであれば、今後も波長が合うことはないため、離れることが賢明です。

人間関係に違和感を感じた時の意味

異性との関係性で、不思議な違和感を感じたことがある方は多いのではないでしょうか。

「なんでこんな人と付き合っているのだろう」
「なぜこの人と結婚したのだろう」
いわゆる「冷める」という感覚です。


人間関係に違和感を感じることが意味するものは、「成長」「卒業」です。
人間関係の違和感は、魂が「成長」し波長が高まっている証拠なのです。
魂が成長すると波動が高くなり、これまで付き合ってきた友人・恋人関係に違和感が出てきます。

つまり、現在の人間関係から「卒業」する時期に来ています。


例えば、最初は、顔が好み・背が高いなどの理由で、アタックして実際に付き合ったとしましょう。
最初は、付き合えたことの嬉しさと、環境変化の新鮮さから、波長の違いに気づかないことが多いのですが、ふとある時期に相手の方と波長が合っていないことに気づくのです。
その結果「あれ?何か違うな」と違和感となってきます。

そしてその違和感を強く感じるようになった時は、その方から「卒業」する時です。
思い切って次のステップへ進んでみましょう。


若い時は特に好みの外見を追いかけることが多いと思いますが、年齢が上がり、魂が成長することで不思議と現実的な人を探すようになってきます。
逆に、相手の魂が急に成長すると、自分から離れていってしまうこともあるので、その時は覚悟が必要かもしれません。
自分も相手に合わせて魂を成長させていくか、相手を自分から「卒業」させてあげるかは自分次第です。

波長を高める方法

ここまで、人間関係と波長の関係性について書いてきました。
ここでは「魂を成長させる」・「波長を高める」方法を説明していきます。
下記の方法を参考に、波動を高めるということを意識して行動してみましょう。

感謝を忘れない

素直に何事にも感謝できる人は、魂を急激に成長させることができる可能性を秘めています。

常に感謝の心を持つことで、幸せな人間関係を築くことができるようになり、波長も自然と高まります。
感謝のできる人の周りには、親切な優しい人たちが集まってきます。

嘘をつかない

自分にも相手にも嘘をつかずに、素直な自分になりましょう。
嘘をつかないことで、嘘をつかない素直な人たちが集まってきます。
嘘をつく人のところには、詐欺師のような悪い人や、意地悪をする人が寄ってくるでしょう。

人の悪口や愚痴を言わない

人の悪口はなるべく言わないようにしてください。
人の悪口は悪いエネルギーを引き寄せてしまいます。
自分の波長を高めるためにも、悪いエネルギーを引き寄せないようにしましょう。

全く言わないことがベストではありますが、自分の中に貯めすぎるのも良くないので、愚痴を言うのは信頼できる人(パートナーや親友)だけにして必要以上に広めないように心がけてください。

自分の好きなことをする

自分の興味のあることや好きなことをしていると波長は高くなります。
逆に、やりたくないことをしている時は、波長が低くなってしまいます。

趣味が同じ人が集まり好きなことを共有することは、波長を高めることにとても効果的です。
お互いに成長することもできるため、趣味が同じパートナーを見つけることは良いことかもしれませんね。

波長の低い人から離れる

波長の低い人と無理して一緒にいると魂が疲れてしまい、やがてその相手の人と同じ波長に近づいてしまいます。
人の悪口しか言わない人がいたら、その人と連絡を絶ってみましょう。
どうしても関係を続けなければならない職場の人である場合は、必要最小限の関係性で壁を作ると良いでしょう。
自分の波長を高めるためにも、波長の低い人から卒業しましょう。

良いところを見つける

・嫌な仕事をしなければいけない
・会いたくない人と合わなければいけない
そんな時もあると思います。

希望の部署でなかったり、仕事内容が想像と違ったりした時に、仕事に対してネガティブなことを考えてしまいます。
ネガティブなことばかり考えていると、波長が低くなり、職場の人間関係も悪くなってしまいます。


嫌なことを見つけるのではなく、良いところや環境が良くなるようなことを見つけてみましょう。
・この仕事内容は今のところ一番楽しい
・こうすれば楽しく仕事ができるのではないか
・こうすれば職場のみんなが喜ぶのではないか
楽しいことを考えることで、波長も高まり人間関係も良くなってくるはずです。

わからない時は占い師に相談してみよう

波長を高める方法が自分にしっくりこない。
そんな時は波長を考察できるプロに頼ってみましょう。

人それぞれ何をするにもタイミングや適切な方法が存在します。
あなただけの最適な方法やアドバイスをきっともらえるはずです。
人間関係や相手との相性を視てもらうついでに、波長も高めるアドバイスをもらいましょう。

まとめ

長い人生の中でたくさんの人と出会うと思います。

人は同じのレベルの波長を持った者を、引き寄せます。
人間関係に悩む人は、自分の心の状態が悪く、波長も低くなっている状態です。

波長を高くすることを意識し、素敵な人間関係を手に入れましょう。

そして、結婚できないと悩んでいるあなた!
波長を高くすることで、素敵な人を引き寄せることができます。
ぜひチャレンジして、日常の意識をポジティブに変えてみてください。

みなさまが笑って過ごせますように。

―――――――――――――――

入室の際には、

・アルコール除菌
・マスクの着用
よろしくお願いいたします

アルコール消毒は
店舗入口に置いておりますので、
ご自由にお使いください

SARA

ご予約はこちらからどうぞ
https://sh101sara.com/contact/

HP  :https://sh101sara.com/
まいぷれ:https://yonago.mypl.net/shop/00000362730/

twitter  :@srsr15k
insutagram:@hhms15
LINE   :@594yhkmm

-スピリチュアル, 明日へのアドバイス

© 2021 スピリチュアル×ハンドメイド SARA Powered by AFFINGER5